「きんたろう」でました!

お仕事のご報告です。

本年6月に、株式会社河出書房新社さまより出版されました、
「せかいめいさくアニメえほん 17 きんたろう 」の絵を担当いたしましたぁ!

kintarou_fix.jpg

表紙の主要メンバー以外にも、動物さんがたくさん出てきますよっ☆

こちらの絵本は、書店にも置いているところがあるようです。
僕も近くの書店で見つけましたぁ^^
やっぱりうれしいですねぇ♪

kintarou_fix1.jpg

見かけた際は、どうぞお手にとってご覧下さい。

また、ネットでもお買い求めいただけます。
ご興味が御座いましたら下記リンクをご覧下さい。
よろしくお願いいたします。


河出書房新社「きんたろう」ページ




JUGEMテーマ:お仕事のイラストレーション&デザイン


永田萠先生による手作り絵本講座

前日の発表になりましたが、お仕事のお知らせです。
明日、永田萠先生のアシスタントとして加西市に行って参ります!

全4回、期間にして1ヶ月程の内に文章から挿画、製本までを目指す講座です。
挿画の講師を加西市出身のイラストレーター・絵本作家 永田萠先生が、
文章を作家でNHK大阪文章講座講師もされている、大内曜子先生がご担当されます。

僕のお仕事は、よい絵本ができるよう、限られた時間を最大限効率よくつかえるように、
萠先生のアシスタントとしてバッチリサポートすることです。
ちょっとドキドキですが、明日が楽しみ!



「永田萠先生による手作り絵本講座」





 


ropa pura ネクタイコラボ

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

2014年最初の投稿は、嬉しいご報告です!
とーってもかわいい出来立てお洋服がアトリエに並ぶ、
ropa pura さんのネクタイコラボ企画に参加しています!

早速サンプルをご覧下さい!

ropapuraxMofumofu00s.jpg
ー キリンさん ー

ropapuraxMofumofu01s.jpg
ー キツネさん ー

ropapuraxMofumofu02s.jpg
ー たくさんウサギさん ー

ropapuraxMofumofu03s.jpg
ー ライオンさんとウサギさん ー 

この企画は、ropa pura さんの声掛けに僕が全力で手を挙げて実現しました!
イラスト・デザインを僕が担当し、ネクタイに仕上げて頂きました。
ネクタイになったこの5本の他にもお気に入りのカラバリがあるので、
またここでご紹介出来たらなと思います。

さてこのネクタイたちは、ropa pura さんの仮アトリエ(1/25までopen)にて現在販売中です。
黄色いキツネさんは、ありがたいことに売り切れたそうです^^
他にもいろんな作家さんが参加されているようなので、きっと楽しい!
東京近郊の方は、是非かわいいお洋服の並ぶアトリエをのぞいて下さい。
どうぞ、よろしくお願いします。


ropa pura
 ーTwitter : @ropa_pura_shop
 ーAtelie : 東京都渋谷区渋谷3-16-3 ルデコビル2階(ときどき1階)
      ※仮アトリエ 2014/01/25までopen





 


11/2 王子動物園で絵画教室

ひっさしぶりの更新になりました。
そして、気が付いたら11月も後半…

本日は、11/2(土)に開催された、第2回「永田萠さんと王子動物園で絵を描こう」に
アシスタント講師として参加してまいりました!
時間があいてしまいましたが、振り返って簡単なレポートを。

20131102_00.jpg

昨年の第1回に引き続き、アシスタント講師も2回目。
参加してくれたのは、3歳から小学6年生の約90名。
昨年よりも、小学校にあがる前の子たちが沢山参加してくれました。

まずは、動物科学資料館に集合し、説明や諸所のご挨拶。その後、
王子動物園の方の動物さんたちのお話を聞いて、みんなのテンションは上々!
描きたい動物さんのいるところへ向かいました。

少し時間をおいて、永田先生と僕もみんなの所へ向かいました。
永田先生は上周り、僕は下回りでそれぞれ別行動。
ぐんぐん歩いてみんなの所を目指します。
いいところをちゃんと褒めて、困っているところを聞いたり、ちょっとしたコツを教えたり。

関係各所の連携、園内情報網も素晴らしく機能していたおかげもあり、
永田先生と僕がほぼ一人一人とお話できたと思います。ほぼというのは、
移動のタイミングが合わず、作画中にお話できなかった子もいたからなのです。
頑張って園内をくまなく歩いたつもりだったのですが、、すみません。。

全体の印象ですが、今回は迷い無く描いている子が多かったです。
迷いが少ない子はぐんぐん手が進んで、色んな動物さんのもとを巡る子もいました。
一方、じっくりしっかり大事に描く子もいて、見て歩いているだけでも楽しかった!
総じてみんな、一生懸命に取り組んでくれました!

振り返りだすと細かくずっと書いちゃうので、時間を進めて。

作画が終わり、動物科学資料館で簡単な講評を。
賞を決めることはせず、永田先生と僕が、小さい時にこんな絵が描きたかったとか、
ここが素晴らしい面白いという絵を、それぞれ数点選んでお話しました。
時間が限りなければ、1点1点お話したかった。。

20131102_01.jpg
こんな感じでお話しました。緊張でニヤけてますねぇ…^^;

最後にお話を聞いて、記念撮影。
みんな楽しんでもらえたようで、いい笑顔でした^^

20131102_02.jpg




 


ももたろう が本屋さんに

お知らせです!

僕が絵を担当しました、「 せかいめいさくアニメえほん ももたろう 」(河出書房新社)が、
書店やネットでお求め易くなりました!

先日、近隣の書店へ足を運び、この目で確認しました。
自分の絵が本屋さんに並んでいると思うと、喜びもひとしおですね!

 momotarou_s.png


また、各社オンライン書店でも購入可能です!
ご興味のある方は、下記の河出書房新社webページからお求め易いページへお進み下さい。


河出書房新社 ( せかいめいさくアニメえほん ももたろう )
 → http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309680033/





2013 蟷螂山 祭礼品

このところ猛暑日が続き、すっかり夏本番ですね。
関西で7月と言えば、祇園祭。
いよいよ、宵山・山鉾巡行の日程が近づいて参りました!

そこで、お知らせです。
本年度、蟷螂山祭礼品(手ぬぐい・Tシャツ)の図柄は、
永田萠先生が、蟷螂に跨った元気な童子描かれています。
名誉なことに、その祭礼品のデザインワークを僕が担当致しました。

2013ty_tn.jpg

2013ty_ts.jpg

地色と藍色のコントラストが夏らしい手ぬぐい(縦柄・横柄)と、
水玉柄が涼しいTシャツ(白地・黒地、共にS・M・L・XLサイズ)です。


ご興味のある方、期間中お近くにいらした方は、
是非、蟷螂山へお立ち寄りの上ご覧下さい。


□祭礼品のお取り扱いについて
 期間 : 13日(土)〜16日(火)の4日間
      ※17日(水)はお取り扱いは御座いません。
 場所 : 蟷螂山でのみ。(京都市中京区四条西洞院上ル)




 


11/25 王子動物園で絵画教室

11/25(日) 王子動物園で開催された、「絵本作家 永田萠さんと王子動物園で絵を描こう」に、
講師として参加いたしました。

3歳〜小学校6年生、100名が王子動物園で動物などの絵を描く催しだったのですが、
永田萠先生が講師を務めること、動物園での開催ということもあり、
100名募集のところ、500名をこえる応募があったのだそうです。

参加した子供たちは、みんな元気で、動物が大好きだったり、お絵描きが大好きな子でした^^

ouji00.jpg
開園前の王子動物園
ouji01.jpg
とてもいい天気でした。まさに動物園日和!

作画に入る前に子供たちは、王子動物園から動物の楽しいお話を聞いてわくわくは最高潮!
きらきらした目で好きな動物のところへ向かいました。

僕と永田萠先生は、一呼吸おいて、皆が作画に入っている頃合いをみて出発。
作画中は、出来うる限り一人一人に声をかけ、お話できるよう努めました。

お話していて強く印象に残ったことがあります。それは、みんな自分のイメージを持っていて、
そのイメージを画面に表現する段階で生じるジレンマで少なからず苦悩しているということでした。

動いている対象を画面におさめることは、僕も正直苦労するところです。
僕が制作の際に心がけていることは、よく見て、その動物の特徴を考えて、どこが好きか、
どこが面白いか、「もふもふしてるなぁ」とか「さわりたいなぁ」とか考えながら描いています。
上手く描けなくて苦労することはもちろんありますが、嬉しい楽しい気持ちを忘れないようにすることも大切ですね。

さて、僕のことはこれぐらいにして、
描き上がった作品は、年齢毎に分けて展示し、永田萠先生と2人で講評しました。
みんなのわくわくが詰まった、子供の時にしか描けない絵がずらりと並ぶととても楽しい気分になりますね。

講評は、優劣をつけるのではなく、永田萠先生と僕が、子供の頃に描きたかった絵、今でも描きたい絵という基準で、数点ずつ選んでコメントさせて頂きました。
本当は、1点ずつコメントしたかったのですが時間の都合もあるので我慢。

僕ら大人も、今しか描けない絵というものはあります。
しかし、大人になると技術が身につくので、ある程度は融通が利くんです。
子供の時は、「もっと上手に描きたいっ」と思って描いていたとしても、
大人になると、逆にその頃に描けていた絵が描けなくなることも。

今回参加してくれたみんなは、できれば大事に作品を持っていて欲しい。
額に入れてずっと飾ってもいいし、少し大きくなってから改めて見てもいいと思う。
きっと、その絵を通して、当時のわくわくした気持ちとか、大事にしていたこととかが思い出せると思う。
それは大人になって分かるけど、とっても素敵なことだから、忘れないで欲しい。


写真は園内移動中に撮った限られた写真。

ouji02.jpg

ouji03.jpg

みんなが描いているところを目指してぐんぐん歩いたので、観察や写真は我慢して、
「みんなと話したい、ぐっと堪えなけばっ!」と思い園内をまわっていたんだけど、
この姿を見たら我慢できなかったw

また今度自分の為に、王子動物園に遊びに行くぞっ!





王子動物園で絵を描こう

11/25(日) 王子動物園で行われる、「絵本作家 永田萠さんと王子動物園で絵を描こう」に、
講師として参加させていただきます。

3歳〜小学校6年生、100名が王子動物園で動物などの絵を描きます。
作画中、永田萠先生が園内を巡り、絵画指導をされます。
僕は、講師としてサポートさせていただきます。

どんな子がどんな絵を描くのか、今からわくわくします^^
絵画教室の様子はまたここに纏める予定ですのでおたのしみに☆


王子動物園
http://www.city.kobe.lg.jp/culture/leisure/ojizoo/





11/5 キャリアデザイン特講2

昨日、母校の成安造形大学に行って参りました。

目的は、特別講師として就職活動の経験談と退社後から現在を、在学2年生に向けお話する為です。
僕の経歴を簡単に述べると、「美大を卒業後ゲーム会社に就職、2年半勤めた後、独立、
イラストレーター・作家として活動を開始して今月でちょうど一年。」といった感じなのですが、

「特別講師・・・ゴクリ
 しかも、2年生に向けて・・・
 ・
 ・
 ・
 ありのまま話せる範囲で親身にお話しよう。
 どうしようか、考えるきっかけになるようなお話をしよう。」

と考え、実際に当時の僕がどんなスケジュールで動いたのかが分かるよう、
当時のスケジュール帳から就職活動に関係のあるものを抜粋し、自分がどう考えて、どう動いたか、
今振り返ってどう感じているか、などを纏めたプリントを作成し、本番に臨みました。


成安バス.jpg
成安造形大学の最寄り駅、JRおごと温泉駅で撮影。大学と駅を往復する無料シャトルバスです。

講義は、僕ともう一方の卒業生2人が1人30分お話し、
残りの時間を質疑応答に当てるといった流れで進行しました。

僕は2番目。結果は、、

何とか伝えたいことだけはお話できたか、、、といった内容でした。
自分では臨機応変にお話しすることを換えたりと柔軟に対応できたかと思っていますが、
はたしてどうだったのでしょうか。終わってから振り返ると適切な言動だったかなぁ。。
ちょっとくだけ過ぎたかなぁ。。などいろいろ考えてしまいます。

聞いて下さった皆さんは、まだ2年生。
入学してやっと慣れてきた頃にこうして大学を出ることを考えねばならない。
「そういう時代だから」の一言では僕は納得できない人間です。
皆さん一人一人ができるだけ後悔の少ないところへ進んでいけることを切に願います。

最後に、
僕の考えは、僕の考え。
僕の経験、後悔は僕のもの。
皆さんは、皆さんの考えで進んでいって下さい。

何か質問などありましたら、プリントに記したあて先に連絡して下さいね。
同じ大学を卒業した者として力になれることもあるかもしれません。

滋賀の空.jpg
学内から眺めた空。

メインディッシュ.jpg
お土産はメインディッシュ





ちょうど一年

本日は、お仕事開始記念日です^^

昨年の11月1日から、フリーとして活動をはじめました。
ありがたいことに、アジア料理のお店での個展からはじまり、尊敬する先生と二人展、
動物をモチーフにしたグループ展と作家としての発表の場をいただきました。

イラストレーターとしても、アニメ絵本「ももたろう」のお仕事をいただき、
たくさんのお力をお借りしながらなんとかやり遂げることができました。

他にも、コミティアや関西コミティア、富小路書店などのイベントにも参加し、
たくさんの方と出会えたこと、とても嬉しく思います。

感謝感謝の一年間でした。
ありがとう御座います。
そして、これからもよろしくお願いします。

000_どうしたの.png
【 どうしたの? 】 (2011 / ニューブレダン紙 / 水彩 / 418x332mm)

画像は、独立を決めてから最初に描いたパンダさんです。
描きたいものを好きなように描いた一枚。
個展「Animals in Asia」に向けて描き起こした思い出の一枚。


ここから、イラストレーター・作家の菅野翔平が歩き出しました。





| 1/2PAGES | >>

Categories

Archives

Profile

HomePage